ペルシャ絨毯はこんなに心地よい

高級だと思います。

部屋も場所も選ばない絨毯

ペルシャ絨毯は和室にも洋室にも合います。

和室に敷くと格式高い雰囲気になり畳の冷えから守ってくれます。
柄がどれも上品なので1枚敷いておくだけで高級感が増します。

洋室はフローリングの冷えから守ってくれます。
また、美しいその姿で日々の暮らしや来客の心を和ませます。

ペルシャ絨毯は通気性がよいので下の畳やフローリングを痛めることがありません。
人にも家にも優しいのです。
また、手織りのため、絨毯の裏にノリなどがぬられていません。
なので、床暖房の上にも敷けるのです。
敷く場所も部屋も選ばないペルシャ絨毯は重宝しますね。
これ1枚敷くだけで高級感も出ます。
お部屋を華やいだ印象に変えてくれるのです。
足元も温めてくれるので是非敷いておきたいですね。

季節を通して使える絨毯

このペルシャ絨毯が作られている地方は1日の寒暖差がとても激しいそうです。

日本にも四季がありますね。
夏は暑く冬は寒いです。
この菅段差もペルシャ絨毯はカバーしてくれるそうです。
夏は涼しく、冬は暖かく過ごせる性質を持っています。
なので、一年中敷きっぱなしにしていていいんですね。

夏だからしまわないといけないとかがないのですごく楽ですね。
絨毯は思いのほか思いの重労働なんです。
主婦にそれがないのは嬉しいのではないでしょうか。
逆に使っている人は夏こそ必要だという人もいます。
それだけ使い心地がよいのでしょう。

メンテナンスには5年か10年に1度専門の業者にお願いすればよいそうです。
洗ったり、干したりの手間もありませんね。


この記事をシェアする