ペルシャ絨毯はこんなに心地よい

ペルシャ絨毯は長く愛される

踏めば踏むほど柔らかい

ペルシャ絨毯の座り心地はいかがなものなのでしょうか。
最初は生地も糸も使われていないので固めですが、使うにつれてしんなりしてきます。
踏めば踏むほど柔らかくなるのです。
リビングや玄関に使うと人通りも多いので絨毯の座り心地がよくなりそうですね。

その華やいだからで格式高く、高級感も持たせるのでペルシャ絨毯を一枚しておくだけで格が上がります。
長く使うことにより味が出てくるのはビンテージ品と一緒です。
絨毯でありながら美術品なのですね。
格式高く、居心地の良い家には敷いておきたい一品です。

しっとりとした、その肌触りにファンが多いのはそういう家にいたいんですね。
来訪者が多い家には是非一枚置いておきたいです。
ペルシャ絨毯の魅力の一つですね。

長く使うには

踏めば踏むほど柔らかくなる絨毯です。
つまり、長く使えば使うほど肌触りがいいわけです。
では、長く使うにはどうしたらいいのでしょうか。

タバコの火で穴をあけてしまった、ペットが噛みついて糸がほどけてしまったなどもあると思います。
しかし、ペルシャ絨毯は手織りなので直したいところをほどいて修繕することができるんです。
家のリフォームと同じですね。

新しいのを買うより経済的です。
また、気に入ってるとなれば同じものを探す手間もはぶけるのです。
こうやって使い続けることに意味があるんですね。
同じものを使い続けていると愛着もわきます。
すると、使い心地は勿論、思い入れも入ってきますよね。
その気持ちがお気に入りの1枚の絨毯にするのです。


この記事をシェアする